第39回帆船模型展-1

Photo Gallery of the 39th Exhibition 2014


17世紀以前の帆船


39-1

サンタ・マリア

Santa Maria


年代:
  1492  
船籍:
  スペイン  
縮尺:   1/65  
キット:   アマティ  
製作者:   市川 三郎  
製作期間:
  12ヶ月  
Period:   1492
Nationality:   Spain
Scale:   1/65
Kit:   Amati
Built by:   Saburo ICHIKAWA 
Work devoted:   12 months

サンタ・マリアは1492年、コロンブスによる初の大西洋横断航海の時に使われた3隻の帆船の内の最大の船。ナオ船と呼ばれる型の帆船で大西洋を無 事横断し、バハマ諸島に到着したが、探検の途中、イスパニョーラ島で座礁し、解体された。この航海で同行した他の2隻はキャラヴェル船のニーニャ号とピン タ号であるがいずれもスペインへの帰着を果たしている。

 


39-2

ニーニャ

Nina


年代 :
  1492  
船籍 :
  スペイン  
縮尺:   1/65  
キット:   アマティ  
製作者:   大村 孝昭  
製作期間:
  12ヶ月  
Period:   1492
Nationality:   Spain
Scale:   1/65
Kit:   Amati
Built by:   Takaaki OMURA
Work devoted:   12 months

ニーニャは1492年、コロンブスが新大陸発見を目指して航海した時、サンタマリア、ピンタと共に随行したキャラヴェル船である。キットの図面にはシュラウドのラットライン等がなかったので付加した。

 


39-3

ピンタ

Pinta


年代 :
  1492  
船籍 :
  スペイン  
縮尺:   1/65  
キット:   アマティ  
製作者:   中山 寅男  
製作期間:
  9ヶ月  
Period:   1492
Nationality:   Spain
Scale:   1/65
Kit:   Amati
Built by:   Torao NAKAYAMA
Work devoted:   9 months

ピンタは1492年コロンブスが新大陸発見航海に率いた船団3隻のうちの1隻。ピンタは、コロンブスの協力者であるクリストバル・キンテーロという人の船で船長はその長兄が努め、同年8月にスペインを出帆、翌3月にニーニャと共に帰帆した。旗船サンタマリアは途中で座礁。

2枚の横帆のふくらみ具合を表現するのに、ラグビーボールの球面を利用した。

 


39-4

ゴールデン・ハインド

Golden Hind


年代:
  1577  
船籍:
  イギリス  
縮尺:   1/53  
キット:   マモリ  
製作者:   山口  桂一郎  
製作期間:
  2年6ヶ月  
Period:   1577
Nationality:   England
Scale:   1/53
Kit:   Mamoli
Built by:   Keiichiro YAMAGUCHI
Work devoted:   2 years and 6 months

ゴールデン・ハインドはフランシス・ドレイクがエリザベス女王の支援を受けてスペイン植民地で略奪を行いながら世界を周航したガレオン型の私掠船。私掠船とは国家公認の海賊船のこと。

キットに手を加えて砲門を7門にし、甲板も変更し、ボートも自作した。

 


39-5

昔の帆船群

Old Types of Sailing Ships


年代 :
   
船籍 :
  各国  
縮尺:    
キット:   自作  
製作者:   福田 正彦  
製作期間:
  6ヶ月  
Period:   Various
Nationality:   Various
Scale:   Not unified
Kit:   Scratch Built
Built by:   Masahiko FUKUDA
Work devoted:   6 months

これは各時代帆船の帆装を主眼としたイラストの立体化模型である。船体を正確に再現したものではなく、時代や地域によって帆装がいかに変化したかを一覧で見て頂きたい。

 


39-6

ゴールデン・ハインド

Golden Hind


年代 :
  1577  
船籍 :
  イギリス  
縮尺:   1/53  
キット:   マモリ  
製作者:   小野  享司  
製作期間:
  2年10ヶ月  
Period:   1577
Nationality:   England
Scale:   1/53
Kit:   Mamoli
Built by:   Takashi ONO
Work devoted:   2 years and 10 months

ゴールデン・ハインドはイングランド王国のガレオン船で、フランシス・ドレークが私掠船として用いたことで有名。1577年に建造され、当初はペリカンという船名がついていた。出資者であるクリストファー・ハットン郷の紋章にちなんでゴールデン・ハインドと改名された。

外板作業は簡単な外板曲げペンチで行ったため、船首部、船尾部にくさび形の隙間が出来てしまい、仕方なく隙間埋め作業と大きな段差を薄板を付け足すなどして対応したためヤスリがけが大変であった。

 


39-7

ゴールデン・ハインド

Golden Hind


年代 :
  1577  
船籍 :
  イギリス  
縮尺:   1/150  
キット:   自作  
製作者:   志村 健次  
製作期間:
  6ヶ月  
Period:   1577
Nationality:   England
Scale:   1/150
Kit:   Scratch Built
Built by:   Kenji SHIMURA
Work devoted:   6 months

ゴールデン・ハインドはフランシス・ドレイクがエリザベス女王の支援を受けてスペイン植民地で略奪を行いながら世界を周航したガレオン型の私掠船。

この帆船を1/150で製作。船体は0.3mmの真鍮板をたたき出して成形し、甲板から上は木製とした。この船は15隻程作った内の1隻。船体内にはレインボーカラーLEDを仕込み、遠い昔闇夜を航海する帆船をイメージした。

 

39-8

ゴールデン・ハインド

Golden Hind


年代 :
  1577  
船籍 :
  イギリス  
縮尺:   1/50  
キット:   ウッディジョー  
製作者:   鳥羽  義憲  
製作期間:
  1年6ヶ月  
Period:   1577
Nationality:   England
Scale:   1/50
Kit:   Woody Joe
Built by:   Yoshinori TOBA
Work devoted:   18 months

ゴールデン・ハインドはフランシス・ドレイクがエリザベス女王の支援を受けてスペイン植民地で略奪を行いながら世界を周航したガレオン型の私掠船。キットはリギングがかなり省略されていたため、他のガレオン船を参考に手を加えた。

 


39-9

メイフラワー

Mayflower


年代 :
  1620  
船籍 :
  イギリス  
縮尺:   1/76  
キット:   モデルシップウェイ  
製作者:   羽仁  勝喜  
製作期間:
  1年  
Period:   1620
Nationality:   England
Scale:   1/76
Kit:   Model Shipways
Built by:   Katsuki HANI
Work devoted:   12 months

メイフラワーは1620年9月イギリス南西部プリマスから102人の清教徒を乗せて新天地アメリカに向け出港し、66日間の苦難の航海の後、マサ チューセッツ州にたどり着いたガレオン船。キットに使われている木材がバスウッド、ライムウッド等のため、ステイン塗装で思うような色が出ず苦心した。

 


39-10

チャールズヨット

Charles Royal Yacht


年代 :
1674
船籍 :
イギリス
縮尺: 1/64
キット: ウッディジョー
製作者: 松原 滿
製作期間:
10ヶ月
Period:   1674
Nationality:   England
Scale:   1/64
Kit:   Woody Joe
Built by:   Mitsuru MATSUBARA
Work devoted:   10 months

チャールズヨットはチャールズⅡ世が亡命先のオランダから寄贈されたヨットを参考にザ・ロープ会員白井さんが設計したヨット。初心者にも作り易い工夫がなされており、装飾もザ・ロープ会員宮島さんの製作。

教室講師として製作した。34回展に出典し2度目。テキスト(キット+若干のグレードアップ)に忠実に作ったが、フィギュア、装飾金物だけは彩色した。

 

39-11

メイフラワー

Mayflower


年代 :
  1620  
船籍 :
  イギリス  
縮尺:   1/76  
キット:   モデルシップウェイ  
製作者:   三木  克哉  
製作期間:
  1年  
Period:   1620
Nationality:   England
Scale:   1/76
Kit:   Model Shipways
Built by:   Katsuya MIKI
Work devoted:   12 months

メイフラワーはイギリスからアメリカへの最初の移民102名を運んだ事で歴史上有名な船。名が知られている割には不明な点も多く建造年も判っていな い。1620年はアメリカへ向け出港した年。本来は貨物船としてヨーロッパ各国とイングランドの間で主としてワインを運んでいた。

キット説明書は英文で50ページあり、翻訳するのに苦労した。金属キャスト部材はキットには付属しているにもかかわらず自作した方がよいとの指示通り自作。キットでは帆はない状態だが、他キットの図面を参照して取り付けた。

 


39-12

ヨット・メアリー

Yacht Mary


年代 :
  1646  
船籍 :
  イギリス  
縮尺:    
キット:   自作  
製作者:   高橋 利夫  
製作期間:
  4ヶ月  
Period:   1646
Nationality:   England
Scale:   n.a.
Kit:   Scratch Built
Built by:   Toshio TAKAHASHI
Work devoted:   4 months

ヨット・メアリーをステンドグラスで作った。旧日本丸のキャビン天井にあるステンドグラスや、以前、ザ・ロープの展示会に出品されていたステンドグラスを思い出して製作した。

船のデザインが細かくなり、小さなピースが必要になって苦労した。