木製帆船模型同好会

ザ・ロープ ホームページへようこそ



お知らせ




今年で7回目となりました「譲ります/譲ってくださいマーケット」は12月1日(土)の例会の中で開催します。
 不要になったが捨てるのはもったいない工具、材料、部品、図面、書籍などありましたら、この機会にぜひ出品をご検討ください。

なお、例年「譲ってください」の申し込みが余りありません。お申込みいただければ何方か対応していただけると思いますので、是非この機会をご利用ください。

申し込み締切は10月10日(水)です。

 



今から遡ること四半世紀、1993年8月にザ・ロープニュースの第1号が発行され、今年の6月にはおかげさまで第100号を発行しました。この節目にザ・ロープニュース100号発行の足跡を残すこととし、「ザ・ロープニュース100号の航跡」と題して冊子を作成し、会員の皆様のお手許にお届けすることにしました。

 

*なお「ザ・ロープニュース100号の航跡」は、ホームページでもこちらから閲覧/ダウンロードできます。



2018/9/13(海外同好会)

SMA Newsletter2018年9月号が届きました。

小森田さん(当会の名誉会員)が、SMAで最初の終身名誉会員に推挙された旨の記載があります。

2018/7/17(海外同好会)

Hyde Street Pier Model Shipwrights 2018年7月号が届きました。

日本製構造模型の奥本、クレア氏の御座舟等、興味深い記事が掲載されています。


イベント


会期:

2018年9月20日(木)~25日(火) 

 

9月20日(初日)は午後1時~午後6時まで

9月21日、23日、24日は午前10時~午後6時まで

9月22日(土)及び最終日は午前10時~午後5時まで

 

9月22日・23日は6階にて帆船模型教室講習生の製作実演公開

会場:

こうべまちづくり会館 地下1階 ギャラリー

 

神戸市中央区元町通4-2-14 

電話078-361-4523

主催:  神戸帆船模型の会

入場無料



会期:

2018年9月25日(火)~30日(日) 

  10時-18時 最終日:16時30分まで
会場: NHK広島放送センター2Fギャラリー
  広島市中区大手町2-11-10
主催:  ザ・ロープ・ヒロシマ
後援: 広島市 広島市教育委員会

入場無料



平成30年度福岡市民芸術祭参加行事

会期:

2018年10月17日(水)~10月21日(日)

10時-18時
※最終日のみ17時まで

会場:

福岡市赤煉瓦文化館

福岡市中央区天神1丁目16-30

主催:

ザ・ロープ九州

後援:

福岡市/福岡市文化芸術振興財団/福岡市教育委員会

入場無



会期:

2018年10月18日(木)~21日(日)

11時-19時
※初日12時-19時

※最終日17時まで

会場:

池袋 オレンジギャラリー

住所: 豊島区西池袋1-9-11-103

主催:

 

マイシップクラブ

連絡先:薄井 03-3936-8413

入場無



会期:

2018年9月8日から11月4日まで 

会場:

フェルケール博物館

静岡市清水区港町2-8-11

https://www.suzuyo.co.jp/suzuyo/verkehr/guide/index.html

特別協力

船の科学館

 



サン・ファン館では、復元船「サン・ファン・バウティスタ」の進水25周年を記念する企画展を開催します。
「進水」の意義・進水と「祝い」の文化などについても触れるなど、船と進水式というテーマについて改めて紹介する企画展です。

会期:

2018年7月21日から2019年3月25日まで 

会場:

サン・ンファン館

宮城県石巻市渡波字大森30番地2

 

展示内容

 

①「仙台藩の造船と進水」

②「サン・ファン・バウティスタの進水式」

 


ブログ


9/13 (ブログ)  第4回帆船模型教室

 

第4回帆船模型教室開催日の直前に、関西と北海道が大災害に見舞われた。9月4日に徳島県に上陸した台風21号は関西国際空港を水没させ、その猛烈な風は関西や北陸地域に甚大な被害を齎した。また6日の早朝に北海道胆振地方に震度7の地震が発生し、震源地に近い厚真町では大規模な地滑りが起き、さらに、北海道全域がブラックアウトにより停電…

9/10(ブログ)   横浜帆船模型同好会、第40回記念世界の帆船模型展

2年をかけて製作された「ペリー艦隊(黒船)と横浜村」のジオラマ。製作に際してはプロジェクトチームが組成され、郷原会長の企画総指揮のもと、ザ・ロープ会員でもある肥田さんが「デザイン総括」と、「ベースフレーム、海面、陸地」を製作、「樹木・集落」「黒船」「和船」「展示パネル」の各チームが製作を分担、延べ22名の会員が参画されてます。ジオラマは1854年日米和親条約が締結された当時の横濱村の風景を想定しており、製作にあたっては横浜開港資料館の西川館長の監修を受けています。最大の特徴は、遠近法を取り入れた製作…

※ブログ『船の雑記帳』でも横浜帆船模型同好会第40回世界の帆船模型展をシリーズでレポートしています。

ヨコハマ 帆船模型展始まった!


 KeepandShare.com(R) 2013 Calendar