第39回帆船模型展-4

Photo Gallery of the 39th Exhibition 2014

20世紀の帆船


39-33

20トン グリーンランドの漁船

20GT Greenland Fishing Boat "Erik"


年代 :
  1965  
船籍 :
  グリーンランド  
縮尺:   1/60  
キット:   自作  
製作者:   青木  武  
製作期間:
  8ヶ月  
Period:   1965
Nationality:   Greenland
Scale:   1/60
Kit:   Scratch built
Built by:   Takeshi AOKI
Work devoted:   8 months

この漁船は1965年3月グリーンランド(デンマーク領)で建造された伝統的なデンマーク漁船。特徴は、①北極海でエビ、タラ、クジラ等を確保して生活している②船体保護のため、アルミシートを船体に張っている③ビッチプロペラでブレードを保護している④丸い船体は氷山、岩礁、氷の衝突を保護している。北極海の漁は大漁で重い船体を駆使して家族の待つ港を目指して、全速で大波を分けながら急いでいる。早く、早く…

 


39-34

ヴァレリアン

Valerian


年代:
  1923  
船籍:
  イギリス  
縮尺:   1/48  
キット:   自作  
製作者:   木村  護  
製作期間:
  1年1ヶ月  
Period:   1923
Nationality:   England
Scale:   1/48
Kit:   Scratch built
Built by:   Mamoru KIMURA
Work devoted:   13 months

ヴァレリアンは英国のブリックハムを母港とするトロール漁船である。この地域でトロール漁法が発展し、最盛期には300隻もが活躍していた。トロール網を強力に牽引できる帆装と荒波にも耐える優れた船であった。

木目や外板の繋ぎ目が見えるようにするため、船体表面の凹凸や隙間を無くすように作った。蒸気キャプスタンの形状や構造が理解できず、インターネットで調べて製作した。Underhillの図面に記載が無い部分や艤装などは「Sailing Trawlers」の本を参考にした。

 


39-35

アメリカズカップのヨット

America's Cup Yacht


年代 :
  不明  
船籍 :
   
縮尺:   1/80  
キット:   自作  
製作者:   小川 武男  
製作期間:
  5ヶ月  
Period:    
Nationality:  
Scale:   1/80
Kit:   Scratch built
Built by:   Takeo OGAWA
Work devoted:   5 months

雑誌の「ヨット」や「モーターボート」の写真、図を参考にアメリカンカップに向けた競走用のヨットを想定して製作した。製作方法は板の積み重ね(ブレッドアンドバター法)方式。

 


大型帆船

39-36

ル・フランソア

Le Francois


年代 :
  1683  
船籍 :
  フランス  
縮尺:   1/48  
キット:   自作  
製作者:   土屋 勝司  
製作期間:
  19 ヶ月  
Period:   1683
Nationality:   France
Scale:   1/48
Kit:   Scratch built
Built by:   Katsuji TSUCHIYA
Work devoted:   1 year & 7 months

ル・フランソアはフランス海軍のコルベット型五級戦列艦。 実際に建造された船ではなく、フランソワ・クーロン氏が、海軍士官候補生に造船理論を教える為に書いた船名の無い図面、資料に基づいたものである。ブードリオ氏が今回発刊にあたり、船名を「ル・フランソア」と付けた。オーロップほか、内部の構造等作ったが作業が進みほとんど見えなくなった。

 


39-37

ラ・レノメ

年代:
  1744  
船籍:
  フランス  
縮尺:   1/64  
キット:   自作  
製作者:   加藤 史郎  
製作期間:
  4年4ヶ月  

La Renommee

Period:   1744
Nationality:   France
Scale:   1/64
Kit:   Scratch built
Built by:   Shiro KATO
Work devoted:   4 year & 4 months

ラ・レノメはフランス海軍フリゲート艦。勝利の女神「二ケ像」はルーブル美術館などの写真を参考にし、レリーフは薄くて立体的で切れのある微細木彫 りに挑んだが納得のいくものではない。船体は歪みが生じないよう治具を用いて中心左右対象を正確に出した。外板は拓植の縮杢のため、見る角度で変化する。 完成は来年の予定。

 


39-38

50 門艦

50 Gun ship


年代 :
  1695  
船籍 :
  イギリス  
縮尺:   1/60  
キット:   自作  
製作者:   村石 忠一  
製作期間:
  3年  
Period:   1695
Nationality:   England
Scale:   1/60
Kit:   Scratch built
Built by:   Tadaichi MURAISHI
Work devoted:   3 years

1690年当時のフォースレイト50門艦。船体は小型でガンデッキ長130f,砲は12ポンド、トン数は700tである。ハロルドハーンスタイルの 作り方では無く、キール上にステム、スタンポスト、フレーム等、下から組み上げていく方法で作った。フレーム等は横浜帆船模型同好会の飯沢氏作成の図面に よる。

 


39-39

ブルーノーズⅡ

Bluenose Ⅱ


年代:
  1921  
船籍:
  カナダ  
縮尺:   1/75  
キット:   アルテサニア・ラティーナ  
製作者:   佐々木 高行  
製作期間:
  2年6ヶ月  
Period:   1921
Nationality:   Canada
Scale:   1/75
Kit:   Artesania Latina
Built by:   Takayuki SASAKI
Work devoted:   2 years & 6 months

ブルーノーズⅡは1921年にカナダニューファンドランドの荒海で操業する鱈漁船として建造。1946年に座礁し失われたが、1964年に二世とし て蘇った。冷蔵庫の無い時代で漁後、早く届ける必要の為、スピードが要求されたスクーナー型の美しい漁船で、その快速性を活かしてアメリカズカップで優勝 を続けた。模型は全速で帆走するブルーノーズを空に浮かせて表現した。

 


39-40

HMSサプライズ

H.M.S. Surprise


年代 :
  1794  
船籍 :
  イギリス  
縮尺:   1/75  
キット:   マモリ  
製作者:   中川 宏人  
製作期間:
  1年10ヶ月  
Period:   1794
Nationality:   England
Scale:   1/75
Kit:   Mamoli
Built by:   Hirondo NAKAGAWA
Work devoted:   1 year & 10 months

サプライズは元々1794年に建造されたフランス海軍の「ユニテ」であったが、1796年イギリス海軍に捕獲され、船名も「HMSサプライズ」に変 更された。イギリス海軍には「サプライズ」と言う船が歴代13隻存在し、本艦はその6代目となるもの。今回初めてスターンギャラリーの窓枠(船尾部分の部 屋の窓)を金属部品をレジンによる複製にチャレンジした。(金属部品は曲面がなかったので)まあまあの出来で満足。また別の所でもチャレンジしたい。

 


39-41

日本丸

Nippon-Maru


年代:
  1930  
船籍:
  日本  
縮尺:   1/75  
キット:   自作  
製作者:   野神  明  
製作期間:
  3年6ヶ月  
Period:   1930
Nationality:   Japan
Scale:   1/75
Kit:   Scratch built
Built by:   Akira NOGAMI
Work devoted:  
3 years & 6 months

日本丸は姉妹船海王丸と共に1930年(昭和5年)大型練習船として建造され、1984年9月、日本丸二世の建造を機に引退し、運輸省航海訓練所か ら横浜市に引き渡された。正確な1/75図面が無かったため、帆船図説の図を基に1/75化し、詳細な部分は横浜みなと博物館に係留されている実船の写真 をもとに製作した。特にエンジン室は何回も足をはこび写真をとり製作、その部分の船体内部を見えるようにした。