国内の帆船模型同好会(JSMCC)


日本各地にはザ・ロープと同様な帆船模型同好会が17団体あります。

2004年1月1日、これらの同好会の横断的な組織として「日本帆船模型同好会協議会」(英文名:Japan Sailing Ship Modelers' Club Conference、略称 JSMCC)が設立され、相互親睦と情報交換、趣味の普及、知識技術の向上などをはかっています。

 

地域 同好会の名称 活動拠点 設立年月

会員数

北海道

 

札幌帆船模型同好会    札幌市 1980年12月   10
東北  
 

青森帆船模型同好会   

仙台帆船同好会

福島帆船模型同好会

青森市

仙台市

福島市

1982年 2月

2005年 5月

1990年

10

22

13

関東    

マイ・シップ・クラブ 

ザ・ロープ

横浜帆船模型同好会

東京都

東京都

横浜市

1981年5月

1975年10月

1979年6月

24

117

120

中部      

ザ・ロープ伊豆

浜松帆船模型の会ザ・セイル

ザ・ロープナゴヤ  

モデルシップメイト ジブ

静岡県伊東市

浜松市

名古屋市

三重県津市

2003年 7月

1983年 1月

1977年11月

1981年 8月

18

10

35

8

関西

 

ザ・ロープ・オーサカ 大阪市 1976年 54
中国      

ザ・ロープ・ヒロシマ     

下関帆船模型クラブ海峡

広島市

山口県下関市

1979年10月

17

10

九州・沖縄

セーリング・シップ

ザ・ロープ九州

船舶模型の会 アンカー

北九州市

福岡市

沖縄県那覇市

2000年 9月

1977年 8月

1991年 7月

48

15

11

2018年11月現在 総勢  542 名 

JSMCC加入同好会の活動拠点
JSMCC加入同好会の活動拠点

関東


横浜帆船模型同好会

蒼い空と紺碧の海、その狭間に白いコントラストを描いた帆船が大海原の風を受けて疾走する。大航海時代の帆船は最高の木造技術を駆使して製作されていた。横浜帆船模型同好会はこれらの模型を製作して楽しむロマン溢れる人たちの集団です。(HPより)談話室(掲示板)で活発に意見交換が行われている。

マイ・シップ・クラブ

池袋の模型ショップに頻繁に通うモデラーたちが中心となってクラブを創立。帆船模型を中心としてその製作や歴史などの研究を主なテーマとして活動を行っている。実際の活動はより幅広く、近代・現代船、沿岸船、エンジン船、ヨット、中小船舶、河川用船、特殊用途船など、船と考えられるものは何でも興味・研究の対象。


ザ・ロープ

帆船模型製作のポータルサイトを目指し、ザ・ロープ展の作品画像ほか、豊富なコンテンツを掲載。帆船模型に関する書籍、会員限定頁には研修会資料、ザ・ロープニュースなどを収録。海外の同好者向けに英文サイトも併設している。

 


東海


ザ・ロープ伊豆

模型を作った経験の無い人からベテランまで、また現役のサラリーマンから悠々自適の元青年まで、帆船模型が大好きな人で結成。定期的に会合を行い、製作途中の作品を持ち寄っては互いに教え合ったり、また帆船模型展示会を毎年開催し、会員の力作を一般に公開。(HPより)

ザ・ロープ ナゴヤ

  1977年19名の会員でスタート。会員の増減こそあったが、帆船(帆船模型)をこよなく愛するメンバーに支えられ現在に至る。毎月(1月を除く)月例会を開いています。会では教材の進み具合を主に、時には新商品の紹介あり、道具の実演あり、各種イベント等の打ち合せ、とにかく仲間が集まりワイワイガヤガヤ。


関西


ザ・ロープ オーサカ

京阪神のマニアを中心に、帆船およびその模型知識を深め、会員相互の技術向上、親睦を目的として、東京の「ザ・ロープ」の結成に引き続き、1977年に結成。
梅田で毎月1回の例会、毎年7月の「海の日」の連休に作品展を開催している。ホームページをリニューアル。気軽に質問していただける「問合せフォーム」やこれまで例会で発表されてきた内容の公開ページ等を加えている。


九州・沖縄


船舶模型の会 アンカー

平成3年に沖縄を拠点として設立。小人数ながら地域の特色を生かした船の製作や教室の開催などを通して緊密な活動をしている。展示会の開催も平成26年に29回目を迎えられた。