コペンハーゲン(Copenhagen)

 

 福田 正彦


(左):復元されたロングシップ、(右)実際に船を作っている作業場、工具なども展示してある
(左):復元されたロングシップ、(右)実際に船を作っている作業場、工具なども展示してある

第3日(2013年8月5日)

 

 

前方にドーバー海峡ほどではないと思うのだが、白い崖を見ながら8時には朝食。今朝は卵2個の目玉焼きを注文する。「フライドエッグス プリーズ、サニー サイドアップ」と気取ってみたが、フライパンにはどこにも蓋がない。どのみちサニーサイトアップになるんだと、ちょっと恥ずかしかった。それでも朝飯はう まい。岩崎さん、高橋さん、佐藤道子さんなど女性陣も劣らず皿を一杯にしている。荻原さんも体格に似合った盛り付けだ。はっきりしているわけではないけれ ど、どうもスタークリッパーの時よりもこの船の方がおいしいような気がする。

 

10時半にマスト登りが始まった。本船では航海中合わせて3回ほどマストに登る機会があったがどうも女性陣の方が活発で、岩崎、高橋さ ん姉妹以外はすべて登っている。マストといってもロアーマストのトップまでで、大した高さではないにせよ登ってみれば結構高さを楽しむことができる。

 

最初のマスト登りでちょっと問題が起きた。35人という日本人の団体は添乗員がいるのでどうも囲い込みが激しい。この日も登る順番を早くから確保したらしくて大分待たされた。本来こういうことは登りたい個人が集まって順番に登るべきもので、写真を撮るために途中までしか登らないとか、降りてきたら拍手喝采で迎えるというのとは無縁の筈なのだ。

ぼくの順番が来てさて、と思ったらこの団体に日本丸に乗っていたことのある人がいたらしく「お手本を見せて頂きましょうよ」と一斉にいう。それを受 けてご本人が出てきていいでしょうかという。喧嘩するのも大人気ないから、しょうがないですなと不満を表明して順番を譲った。それほどのお手本とは思わな かったが、トップの上で"イヤー50年ぶりで登った!"といっていたからあんまりお手本にならないわけだ。

 

本船は操帆が自動化されているから、マストに上るためにラットラインを張ったシュラウドは左舷に1組しかない。おそらく点検と客用だろう。またトップから クロスツリーまで登るシュラウドも右舷に1組だけだ。通常の大型帆船では1つのヤードでのセール操作に20人ぐらいは必要だし、風の急変に備えて一斉に登 らなければならない。どうやって登るのか、ラットラインを2段ごとに上った外国人もいたが、これは足の長さを証明するだけで、速度はそれほどでもない。そ の答えが後に上映された帆船「ペキン」のケープホーン航海の映像にあった。シュラウドはあまり上を握らず、したがってお尻をグンと外へ突き出すことができ る。シュラウドに対してベッタリではなく三角形になるのだ。そして足で蹴る。素早く手を握り換え文字通りましらのごとくシュラウドを登っていた。安全索が ないという違いはあるが、これぞお手本で昔の帆船乗りはこれが出来なければ一人前ではなかったろう。


(上左から)西谷ひさこさん、関口さん、うちのかみさん(中左)栗田敦子さん(下左)恥ずかしながら私(下右)トップから船尾を見る
(上左から)西谷ひさこさん、関口さん、うちのかみさん(中左)栗田敦子さん(下左)恥ずかしながら私(下右)トップから船尾を見る

そうこうするうちに右舷はるかに長大な橋が見えてきた。その手前には風力発電用の大きな風車が無数に見える。左の地図でいえばこれがデンマークとスエーデンを結ぶ道路橋だ。行きの飛行機で上からこの橋が見えた、と思った。しかし上から見ると両端が明らかに繋がっている。実際には左の図の島の下に人工島があってその左端から海底トンネルになっているのだ。高架道路が8km、人工島部分が4km、トンネル部分が4km、合計16kmと佐藤さんに教わった。

 

本船はそのトンネル部分を通過してコペンハーゲンに近づく。やがて本船が停止すると真っ赤に塗ったモーターボートが近付いて小さなザックを背負ったパイロットが乗り込んだ。なかなかイケメンよと女性たちが騒ぐが、彼はレーダー画面を見ながら静かな声で舵手に「スリー・スリー・トゥー」とだけ言う。「スリー・スリー・トゥー・サー」舵手は舵輪を左に回し船は取り舵で港に近づく。こういった遣り取りが何ともいい。開放的なブリッジでこういう雰囲気を壊すな、と船長が最初に注意したのだ。ひとつ間違えば事故につながりかねない。

 

長大な高架橋と風力発電装置
長大な高架橋と風力発電装置
本船のブリッジ。右奥が船長、その隣がパイロット。左奥霞さん
本船のブリッジ。右奥が船長、その隣がパイロット。左奥霞さん

バイキング博物館へ

午後2時に接岸したコペンハーゲンはデンマークの首都、近くにある人魚姫の像が有名だが、われわれの目的はバイキング博物館だ。バスに乗り込んでま ずはロスキルという小さな町へ行くが昔は首都だったと説明にあり、12世紀に建てられたロマネスク様式のロスキルデ大聖堂に寄る。ここには代々のデンマー ク国王や女王が祀られ、たくさんの豪華な棺が安置されている。仏様と火葬という様式に慣れたわれわれから見ると少し異様だ。年配の女性による英語の説明だ から詳しいことは分からない。しかしマイクと各人に貸与された受信装置がきわめて優れていて雰囲気を壊さないひっそりとした説明がとてもよく聞こえる。大 聖堂としての配慮だろう。


バスで坂を下るとすぐバイキング博物館がある。自由に見学して下さいということでみんなそれぞれに見に行く。広大な気持ちのいい雰囲気で本館には防戦のた めにフィヨルドに沈められたロングシップを引き上げて何隻も復原している。興味を持ったのは昔の木材の 取扱だ。鋸のない時代だから楔で縦割りしている。 その実演、というより日常の作業を見せる。実際に船を作っているのだ。そしてもう一つ興味を引かれたのがロープの作業場だ。

材料はリンデンバウムの皮だという。ドイツリートにも詠われている菩提樹だろうが、辞書によるとシナノキ科の落葉高木で西洋菩提樹というらしい。いずれに してもシナの系統で、案内の女性の説明では当時のロープの80%はこのリンデンバウムが使われたのだとか。身近にある木だから当然で麻や木綿はほとんど 使っていなかったようだ。


(左)復元されたロングシップ、(右上)クサビで木材を割る実演、当時は鋸がなかったという。ここでは実際に船を作っている。(右下)実際に船を作っている作業場
(左)復元されたロングシップ、(右上)クサビで木材を割る実演、当時は鋸がなかったという。ここでは実際に船を作っている。(右下)実際に船を作っている作業場
(左上)作業場と本館の外観、(左下)中:小型のバイキング船で客を乗せる、(右)ロープの作業場、リンデンバウムの皮、撚り方を見せてくれた
(左上)作業場と本館の外観、(左下)中:小型のバイキング船で客を乗せる、(右)ロープの作業場、リンデンバウムの皮、撚り方を見せてくれた

午後5時過ぎには博物館を出てバスは田園地帯を走る。一面の小麦畑だったり小さな村だったり大型バスがよくもこんなところを、と思っているうちに畑のあぜ道に入って変なところで停まった。ここはOM村というところで6000年前に作られた古代のお墓の址があるという。ぞろぞろと入ってみたが何しろ暗くてよく解らない。土地の農家の人が偶然見つけたもののようだが、まあ始皇帝墓ほどの価値はないかもしれない。


バスは賑やかなチボリ公園遊園地の前などを通り、われわれはスターフライヤーに帰る。ここで冒頭のように栗田夫妻と再会、全メンバーが揃った。ナスのタルト、太刀魚、エスカルゴのスープ、メインはちょっと遠慮してチーズとアイスクリームで済ませる。「The Rope Group」という札の立てられた2つのテーブルはフルメンバーで大いに賑わった。


出航すると甲板はもう涼しいというより寒い。堀岡さんを囲んで高橋さんと岩崎さん姉妹が震えていたが、長袖でも薄いともたない。10時半にはピアノバーでクラシカル・コンサートがあり、ポピュラーではあるけれども珍しく真面目な顔をしたジョゼフの演奏を楽しんでから寝た。とても柔らかなタッチで、なかなかの演奏だった。

(上)一面の小麦畑、(下)6000年前の墓の入り口
(上)一面の小麦畑、(下)6000年前の墓の入り口