第28回帆船模型展-4

Photo Gallery of the 28th Annual Exhibition 2003


19世紀の帆船


28-38

ナイアガラ

Niagara

1813 アメリカ

1/64 モデルシップウェイ社

中塚 裕 Yutaka NAKATSUKA


アメリカ五大湖のひとつエリー湖で建造され海軍のオリバー・ハザートペリー提督の旗艦であった。英国との戦争で活躍し、提督は "Don't Give Up The Ship" の言葉を残した。製作時に船体を着色するかどうかなど迷いながら続けたが、帆船模型はテクニックよりも完成意欲を維持することのほうが肝要であることがわかった。



28-39

ル・ブールドン

Le Bourdon

1815 フランス

1/54 スクラッチビルト

松本善文 Yoshifumi MATSUMOTO


フランス海軍の砲14門カッターで、英国海軍のカッターに刺激されてこの種の船を採用した。フランス海軍はこの種の船を英国ほどに重用せず、水先案内や練習船に使ったものもあった。この模型製作に使った図面は船名不明で、ずんぐりした船体と黒と黄色の塗装が「マルハナバチ」を連想させたため、フランス語のル・ブールドンと命名した。

 

 



28-40

ラ・トルネーズ

La Toulonnaise

1823 フランス

1/75 コーレル社

塩谷敏夫 Toshio SHIOYA


フランスのツーロンで進水した美しい快速スクーナー。スペインとの海戦に参加した。キットの船体は不正確なため、線図を書くことから始めた。後日、フランス海洋博物館の正確な図面を入手し、キットとかなり異なることがわかったがすでに手遅れ。帆は初めての経験で、本に書いてあったとおり「豆から挽いた」コーヒーで染めた。



28-41

ラ・トルネーズ

La Toulonnaise

1823 フランス

1/75 コーレル社

山口幸一 Koichi YAMAGUCHI


この模型は伊東屋帆船模型教室に参加して生まれて初めて製作した帆船模型です。帆船のことは何もわからず、講師の指導のもと、どうにか完成に漕ぎつけた船です。今見ると不自然な部分が多くありますが、恥ずかしながらあえて修正せずに出品します。



28-42

オランダの砲艦

Cannoniera Olandese

1831 オランダ

1/86 スクラッチビルト

大津定治


マンチュア社のキット図面を2分の1に縮小して製作したが、装備品の縮小には手間取った。この砲艦はオランダ独特のリーボードと云う卵型の板を両舷側に持っており、浅い海や運河で現代ヨットのセンターボードと同様の役目を果たした。実船はベルギーがオランダから独立する戦争に使われ、ベルギー軍の砲撃で降伏させられたが、艦長は艦を爆破してしまった。



28-43

アン・マッキム

Ann Mckim

1833 アメリカ

1/100 スクラッチビルト

青木 武 Takeshi AOKI


インドから中国へ阿片を、そして中国茶をイギリスに運んだ高速帆船。ボルチモアで造られたこの船はボルチモアクリッパーの原型とも云うべき船であった。ザ・ロープ会員と米国ニューポートニュース海洋博物館を訪ねた時、本船の図面を入手した。昨年はマスト、ヤード、リギングを製作した。図面どおりだと繊細に過ぎ、強度を維持できないので適宜アレンジするのに手間取ってしまった。極力多くの種類の材料を使うように努めた。



28-44

チャールス W. モーガン

Charles W. Morgan

1841 アメリカ

1/64 モデルシップウェイ社

田中武敏 Taketoshi TANAKA


現存する唯一の木造捕鯨船として、コネチカット州ミスティックシーポート博物館に保存されている。1921年に引退するまでの80年間に37回の航海を行った。7隻の捕鯨ボートはキャッチャーボートの役割を持っている。製作にあたってはまず前記博物館発行の書物にて、当時の捕鯨船の状況と時代背景を吸収した。1年目で船体が完成したが、2年目に書棚から落下物で大破し、そのショックで完成せず、3年目に気を取り直して完成に漕ぎつけた。



28-45

ヨット アメリカ

Yacht America

1851 アメリカ

1/64 マモリ社

前川政司


1851年に英国ワイト島で行われたヨットレースの優勝艇。英国はヨットアメリカによって持ち去られたカップを取り戻そうとして、有名なヨットレース、アメリカズカップが始まった。ワイト島レースでのあまりの速さに「陛下、一着はアメリカ、二着はありません」と報告したという言葉は有名。その後南北戦争等に使われ、1921年以降はメリーランド州アナポリス港に係留保存されている。



28-46

フライング・クラウド

Flying Cloud

1851 アメリカ

1/96 マモリ社

大池 誠 Makoto OIKE


カリフォルニアのゴールドラッシュ時代、ニューヨークからサンフランシスコまでホーン岬経由で航海し、88日22時間の記録を打ち立てて名声を博した。2年計画で製作を開始したが、すでに3年を経過。夏に遅れを取り戻そうと冷房の中で頑張ったらひどい風邪をひいた。模型作りも汗を流してやるべきだったか。ようやく工程の半分まで来たが、4枚のリギング図面を見ると気が遠くなる。しかし、少しづつ帆船らしくなってくると、また次の作業をする日が待ち遠しい。



28-47

高田丸

Takadamaru

1859 日本

1/100 スクラッチビルト

金森弘一 


弁財船と呼ぶこのような船は、日本各地を廻り、特に上方から江戸への物資輸送に活躍した。この模型は神戸商船大学の海事資料館に展示してある「安政六年元船十分一絵図 本高田所持」を許可を得て撮影し、これをもとに模型用の図面を描いた。また大阪の「海の時空館」にある「浪華丸」なども参考にした。実船に使われる杉や檜材などは1/100模型では木目が粗くなりすぎるので、代わりに梨やレモンウッドを使った。



28-48

樽廻船

Tarukaisen

江戸時代末期 日本

1/50 スクラッチビルト

今在義忠 Yoshitada IMAARI


関西から江戸への酒の輸送に使われた弁財船。近年大阪で復元船が造られたが、試験航海の結果、非常に高い帆走性能が確認された。和船の模型は材料の木肌の美しさが出来栄えを左右するので屋久杉を使っているが、上質の材を入手するのが難しくなった。和船の構造はフレームがないので自己流の作り方をあれこれ試しているが、形がキチンと決まりにくいのにはいつも悩んでいる。



28-49

フライング・フィッシュ

Flying Fish

1860 アメリカ

1/50 コーレル社

一門龍男 Tatsuo ICHIKADO


マサチューセッツ エセックスで進水したフィシング・スクーナー(漁船)で当時最速を誇った。船に冷凍設備を持たないこの時代、新鮮な魚を持ち帰るために漁船にもスピードが求められた。そしてそのスピードを競って各地で漁船のレースが行われたのである。第26回展に未完成で出品したが、その後仕事の合間を見てセール(帆)を付け、やっと完成に漕ぎつけた。材料は特有の木目に惹かれてブナ材でまとめてみた。



28-50

ユラン

Jylland

1860 デンマーク

1/100 ビリングボート社

安藤雅浩 Masahiro ANDO


デンマークがオーク材を使って建造した最後のフリゲート艦で砲44門を備える。現存(保存)船であるが、デッキから上部が残っていないために資料が殆どない。シアーライン(船体前後の反り上がり)が図面では水平になっているが、取扱説明書の絵では当時の船らしいラインになっており、この絵を参考にして作り直し、またキットの艤装バーツは現代的過ぎるため当時のものに作り替えた。

 



28-51

モニター

U. S. S. Monitor

1862 アメリカ

1/80 スクラッチビルト

宮島俊夫 Toshio MIYAJIMA


南北戦争における初の装甲艦同士の一騎打ち、モニター(北軍)とバージニア(南軍)の戦いは互いの弾を跳ね返し勝負をつかなかった。この時のモニターは蒸気機関を備えていたが、初期の設計図には人力推進のものがあり、この方が楽しいのでこちらを採用。しかし16人の水平がなかなかスムーズに動いてくれず、レバー位置を探るたびに甲板が穴だらけ、頭はすっかり火焔土器状態であった。船体骨組みは真鍮角棒をH,T,L型断面に削り出した。



28-52

シャーピイ

Sharpie

1870 アメリカ

1/20 アマティー社

海老原敏夫 Toshio EBIHARA


コネチカット州ニューヘブンで建造された平底の漁船で、漁師の間ではかなりポピュラーな船として人気があった。大型の二人乗りと小型の一人乗りのものがあった。小品をいかにグレードアップするかに苦心した。