3.大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)

因島を出て生口橋を渡るとそこを生口島(いくちじま)という。この島を横切って多々羅大橋を渡ると大三島だ。こういう橋の名前と島の名前はぼくが調べたわけではない。この旅行の幹事は頭が松原さん、手下が市川さんと田中嘉明さんでこの3人が詳細な「しまなみ海道、とびしま海道の橋」という一覧表を配ってくれた。

 

ぼくはただその表とやはり松原さんが事前に配った地図を参考にしていかにも知っているような顔をして書いているのだ。感謝してもしきれない。松原さんはほとんど性癖といっていいほど計画の細部にこだわる。何とかみんなを喜ばせようという熱意にあふれているのだ。


 
 

途中バスからは瀬戸内海の景色が十分に目に入る。ぼくの父親は岡山の出身だから小さい時に何回か岡山に来たこともあり、「瀬戸内」という言葉にもその景色にも慣れている。だからバスからの眺めはなんとなく懐かしい

大三島はこの辺りではかなり大きな島で、その西岸に大山祇神社がある。バスは午後2時20分に到着した。案内は土地の特権らしく「おみやげナガノ」という小さなスーパーのような店がその拠点らしい。店の名前の入った赤い Tシャツを着た、いたずら小僧がそのままおねえさんになったような店員さんが案内人だ。

正面ではなく横から入りますから、ちゃんと付いてきてくれと先頭に立つ。帰りはこの「ナガノ」に間違いなく来てください、と念を押すところがちょっとおかしい。ここはかなり大きな社で案内板によると「おおやまづみじんじゃ」と読む。「御祭神、大山積大神」とあるから分かる。この大神は天照大神のお兄さんであり、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の奥さんのお父さんでもあり海上安全の守護神だというから神話時代の大物だ。

途中バスから望む瀬戸内海の景色
途中バスから望む瀬戸内海の景色

まず正殿で礼を尽くして10円のお賽銭を奉納する。まあ特にお願いがあるような歳でもないからいろいろ説明してくれる案内のおねえさんの話に耳を傾けるが、どうもいまひとつ納得がゆかない。ふと下を見ると見事な大木が見える。これが樹齢2600年と言われる楠で、まあ2600年かどうかは疑わしいが、その威容は見事なものだ。

 

昔の教科書に出ていたが、クスノキは大木になって大きな丸木舟になるということだった。これほど年を経ては船には無理だろうが、大木であることは間違いない。しみじみ見ると歳を経た樹木はそれだけで見飽きることのない趣がある。


 

宝物館に行きます、ということでここで は有名らしいが中に入るといや武具がぎっしり詰まっている。写真が撮れないので絵はないが昔の大鎧、源義経や頼朝の鎧だとか、特に刀剣が多い。資料によると国宝が8点、国の重要文化財が469点、県の重文が14点とある。日本中でここが一番刀剣類の収集が多いのだということだった。

太刀や 大刀はもう美術品といってもいいほど美しい。一方でぼくがほんの少し習った居合術で真剣を構えて鏡の前に立ったとき、その切っ先があまりにも鋭く竹刀を構えた時と全く違う怖さがあって、これが真剣勝負というものかと感じ入ったたことを覚えている。やはり何よりも刀は武器であるのだ。

そこを見てから、坪井さんと海事博物館へ行こうよとこちらを実は楽しみにしていたのだがこれが期待外れで、何となくガランとした感じで帆船どころか船の模型なん ぞは全くない。もっともここは昭和天皇ご研究の海洋生物を採るための収集船「葉山丸」を記念して建てられたというから、そもそも目的が違う。そんなことなら「海事博物館」というなよなという感じだ。

帰 りはバラバラで、ぼくはかみさんと関口さんの3人で歩いたのだが、どうやら「ナガノ」のおねえさんが言っていた横から入る道を間違えたらしい。塀に沿って 延々と歩く。境界の外をぐるりと回ったらしいのだが、それでもそれらしい道に出ない。関口さんにはお気の毒だったがやっとスーパーに帰りついたのは午後3 時も25分を過ぎていた。

ところがその店で売っていたミカンが甘くておいしい。うんと小型なケチなミカンがかなりの数、袋に入って100円だという。見た目は悪く、おそらくは正当な売り物にはならないものを詰めたのだろうが、 仲間たちが何人も買って堪能した。確か「広島蜜柑」と書いてあったが、この辺りは愛媛県と広島県が混在しているようで、かの有名な愛媛蜜柑と同類と見た。 これからは広島ミカンを買ってもいいだろうねぇ、というのが大方意見だった。 
   


The labels show the recent visitors. They disappear after 10 minutes of inactivity, the dots stay forever.

You can obtain detail information to each dot by moving the mouse over the 2D map at your live stats page.