13.入船山記念館とアレイからすこじま公園

 
 

地図で見ると呉駅からそんなに遠くないのだが、ちょっと高台になっている閑静な土地にバスが止まる。呉市入船山記念館という一角だが、ここに旧海軍の呉鎮守府長官官舎がある。昔は鎮守の森として八幡宮があったというが、戦時中は海軍に接収されたので長官邸があったのだろう。現在この辺りは史跡として東郷元帥の住宅の離れ、旧海軍工廠塔時計、旧高鳥砲台火薬庫、郷土館、歴史民俗資料館が長官邸と一緒に移設されている。

時計の前にある緩い坂を上がると昔の火薬庫があるが全体が石造りで思ったよりも小さい。たぶん黒色火薬の時代だろう。からわらに大砲もあっていろいろここに集めたらしい。

目玉はなんといっても長官官舎で、これは国の重要文化財になっているのだ。しかしこの建物は明治38年(1905年)の芸予地震で崩壊したものを再建しているのだが、ここにある「金唐紙」を再現してことがどうやら重文指定のカギとなったらしい。

 

長官邸は面白い構造で、前面は洋館造り、背面は日本家屋と2種類の建築様式が合体されている。明治の海軍軍人は、公的生活は洋風に馴染んでいたのだろう が、家に帰ってくつろぐときはやっぱり和服で畳に座る生活を止められなかったのだろうと、ちょっとおかしい。ぼくの父親も19世紀の生まれだから、会社か ら家に帰ると必ず和服に着替えていたし、岡山の出身なので食事の最後には必ず茶漬けを一杯食べていたのを覚えている。江戸時代から続いた習慣というのは数 十年で変わることはなさそうだ。もっとも官邸の家人は洋式の部分には入れなかったというから、洋館部はいわば役所とされていたのだろう。

 

洋館部の内部はかなり豪華なものでここの壁紙に金唐紙が使われているのだ。ここは戦 後一時進駐軍に接収され壁は一面に白ペンキで塗られたという。接収解除後の修復の時に電灯のスイッチボックスの下に残されていた金唐紙が発見され、改めて その技術を見直して再現したのがこの建物の大きな特徴だ。

金唐紙というのは、簡単に言うと和紙を型押しして金泥を塗ったもの。一時は輸出までされたようだが、現在その技術は残されていない。ただ和紙を型押しする木型の円筒が展示されていてその精密な彫刻を見ることができる。



その他、屋根は天然石のスレート板で葺いてあったりして明治時代の鎮守府長官はかなりの権威を持っていたのだろうと推定できる。今でいえば防衛大臣の下の海上幕僚長のまた下にいる例えば呉地方総監の官舎をこんな仕様で建てたとしたら周囲が黙っていないだろう。もっともこの官舎にはエアコンもなければテレビもない。IT関連設備もない。だから今日の価値観で見るのは当然誤りなのだが、当時の日本の工芸品は、美術品というよりも日常使われている技術の中のかなり高級品、という位置づけになろうかと思う。

見学が終わったのは午後4時半ごろで、なんとなく夕方という感じだ。バスはそれから山を下り港の方へ行く。潜水艦が見えたとわれわれが騒いでいたちょうどその前でわれわれを下してくれた。ここが「アレイからすこじま公園」というよく意味の分からない公園で港に沿った細長い遊歩道がその公園になっている。

道路を隔てた反対側の建物が海上自衛隊の潜水艦教育訓練隊で、目の前に潜水艦桟橋が見え、こちら側には2隻の潜水艦が黒々と停泊しているのが見える。少し向こうには護衛艦が何隻もあった。こういった軍事基地がすぐ目の前にあるのは珍しい。横須賀でもわれわれの見ることのできる艦艇は湾を挟んだ反対側だ。誰かの話だが、ここへ見学に来た中国人の観光客が「ここで写真を撮っても大丈夫なのか?」と何回も念を押していたという。そうだろう、われわれだってかなり開けっぴろげだと感じるのだ。中国でこんな写真を撮ったら日本に帰れないかもしれない。

この辺一帯はもちろん旧帝国海軍の軍港で、今は海上自衛隊の基地でもある。しかしかなり当時とは違って、旧呉海軍工廠はほとんどが民間の工場になっている。公園の案内図によると旧呉海軍工廠砲熕部はバブコック日立(株)と(株)淀川製作所の工場だ。砲熕(ほうこう)というのは難しい漢字だが火砲あるいは大砲のことを言う。まあ大砲工場だが大和の46サンチ主砲もここで作られたのだろうか、今でも技術が伝承されているといいなと思う。

一方、旧海軍工廠製鋼部が今は日新製鋼(株)呉製鉄所になっている。前に見た溶鉱炉もここの所属らしく、戦前は艦艇用の特殊鋼板やアーマーがここから供給されていたらしい。こうやって眺めると何だかひどく厳めしい感じだが戦前だったらこんな?気に眺めるような雰囲気ではなかったろう。そういう意味で平和ではある。

午後5時過ぎごろ、船キチじいさん連も満足したと思ったのだろう。おぎのさんはみんなを集めてバスに詰め込み呉阪急ホテルに連れてゆく。今夜は最後の夜でさよならパーティがある。ホテルからオーバーパスを通って宴会場へ行ったのだが、どうも体調が今一ついくらか熱も出ていたらしく普段の気力がない。うすぼんやりと今でも思い出すだけで、メモ帳には何一つ記載されていない。それでも明日は旧海軍兵学校の見学だ。


The labels show the recent visitors. They disappear after 10 minutes of inactivity, the dots stay forever.

You can obtain detail information to each dot by moving the mouse over the 2D map at your live stats page.